矯正歯科の利用者急増|綺麗な歯は得をする

白衣の人

悪い歯並び改善のすすめ

案内

治療を受ける意味

矯正歯科の治療は、歯の見た目を改善したい人が受ける治療だと思われがちです。実際、治療を受けている人の大多数は、歯の見た目の改善を目的にしていることでしょう。しかし、矯正歯科の治療は、もっと奥深い治療なのです。なぜなら、矯正歯科の治療は、体全体の健康と深い関わりがあるからです。歯並びが悪い人は往々にして噛み合わせ悪く、それ故、食べ物を噛み砕く能力が不足しがちです。よく噛み砕かれずに飲み込まれた食べ物は、胃や腸などといった消化器官に負担をかけます。その負担は当然、病気発症の原因になり得ます。このように、良い歯並びは健康の源だと言っても決して過言ではないのです。従って、見た目を気にしていなくても歯並びが悪ければ、矯正歯科の治療は受けるべき治療なのです。

改善された治療環境

ただ、矯正歯科の治療には大きな問題があります。それは、矯正器具を装着しなければならないことです。矯正器具の形状は派手ですので、装着すれば目立ってしまいます。そのことが嫌で、矯正歯科の治療を受けないという人もいることでしょう。しかし、矯正器具の形状が派手だというのは、もはや昔の話です。派手な形状の従来型の矯正器具を使用する場合もありますが、現在では目立たない矯正器具を用いての治療も行われています。どうして目立たないのかというと、歯と同色、もしくは近似色の矯正器具だからです。また、歯の裏側に装着する矯正器具もあります。この矯正器具は目立たないどころか、見えない矯正器具です。このように、以前に比べて治療環境が改善されていますので、現在、矯正歯科の治療を受ける人は増えています。

Copyright© 2015 矯正歯科の利用者急増|綺麗な歯は得をするAll Rights Reserved.